アコムマスターカード審査厳しい?パートやアルバイトの人がカードを作るコツ

ローンなどの金融関係の申し込みを行う際に

ローンなどの金融関係の申し込みを行う際に必ず、勤続年数を書く欄がありますよね。

審査でどんな影響を与えるのかが気になったので調べてみました。

クレジットカード申し込みの場合、勤続年数1年以上が最低ラインになっていることが多いですが新社会人などの若者をターゲットにしているカードでは1年未満でも大丈夫です。

審査では返済履歴など重要な項目が他にあり、確認のしようがない項目はそれほど大きな影響にならないという説もあります。

ただ、最近では転職の機会も増え、転職したばかりの人が申し込む際に盛った情報を書いてしまうこともあります。

古いアコムマスターカードの利用履歴が出てきたら辻褄が合わなくなり働いている期間がバレてしまうことになます。

就職をして社会人になった際になるべく早く用意したいものとしてアコムマスターカードを挙げる人が多いと聞きます。

なるべくなら大学生のうちに作って利用しておくべきという人もいるくらいです。

なぜかというと、早いうちからクレカ決済を使ってクレジットヒストリーが積み上がる利点が大きいからです。

クレヒスが良いとローンを組む際の審査で有利になります。

逆にここでカード決済の返し忘れが複数回続くと信用情報が悪化し、ローンなどを組む際に不利になります。

クレカの支払いだけでなく公共料金や最近多くなっている携帯料金の払い忘れも信用情報にキズがつきます。

買い物をして会計時に現金の持ち合わせがないことがわかったときやネットでの買い物時など利用する場面の増えているアコムマスターカードですが新社会人の方など若い人の中にはまだ持っていない人もいます。

最近では、ライブなどのイベントで電子チケットが活用されることも増え、先行抽選時はクレカ払いのみなんていうこともあります。

そんな時に、クレカを持っていない場合、諦めてしまうこともありますがカード会社を選べば即日発行も可能なことがあります。

主に、イオンカードや消費者金融系のカード会社です。

審査結果がその日のうちにわかります。

合格していれば店頭でその日のうちに受け取れます。

クレジットカードを申し込んだ時にカード発行会社はどうやって収入情報を確認しているのでしょうか。

実は審査の時にチェックしているのは収入だけではないんです。

まぁ全国の会社の年収の平均を調べる方法がないので当然ですね。

そのため、どんな風に年収情報を分析しているのかというと過去の利用者の中から同じ業界、職種で勤続年数が何年くらいだから年収もこのくらいもらっているだろうというデータがあり、そのデータと比べて変な部分がないかと見ています。

そのため、よほど怪しくなければ本人申告された年収でスコアリングが行われます。

例えば、家電量販店の30代後半くらいの年収を20代前半でもらっている場合などです。

よくTVなどで見るアコムマスターカード会社と聞いてみなさんがイメージするのはどの会社ですか?楽天カードを思い浮かべる人は多いのではないでしょうか。

実際に多くの人が持っていて利用しているカードです。

クレカが欲しいと考えている方からすると審査の難易度はどうなっているの?ということが知りたいところですよね。

実際に調べてみました。

他のカード会社と同じく、審査で重要なのは申し込み時に入力した情報と申込者が以前借りていたローンなどの信用取引履歴です。

勤務先の情報などうっかりで入力ミスをした場合でも虚偽申請とみなされ、審査に受からないこともあるので気をつけてください。

家事手伝いと専業主婦、働いていないので収入がないのは同じですが、クレカを作る際に同じように感じますが、実際は大きな違いがあります。

職業欄に家事手伝いを記載した場合はほとんどのカード会社で審査に通るのは厳しいと言われています。

主婦と書かれている場合は、カード会社によっては審査に通ることがあります。

なぜかというとどちらも収入はないですが、養ってくれる夫の存在が大きいです。

夫が正社員として安定した収入があるので返済もできるだろうとカード会社は判断できるためです。

作ってもあまり使わないということもあるためカードを新たに作る時は年会費無料のカードを申し込みましょう。

アコムマスターカードをまだ作っていない人の中には雇用形態が契約社員なのが不安で申し込んでいないという人もいるようです。

都市伝説のように言われている契約社員やアルバイトではカードが作れないという話の影響も多少ありそうです。

結論から言うとアルバイトなどでも作ることはできます。

では、非正規雇用でカードを申し込む際に重要なことはなんでしょうか。

それは、年収に見合ったカードに申し込んでいるか、勤続年数がどのくらいあるのか、信用情報に傷がないかが重要だとされています。

カード会社やカード種別に想定している条件があり、例えばゴールドカードでは年収が400万円以上の方向けと言うように条件が設定されています。

ローンなどの金融関係の申し込み

ローンなどの金融関係の申し込みを行う時に必ず、勤続年数を入力する欄がありますよね。

審査でどんな意味を持つのかが気になったので調べてみました。

アコムマスターカードの申し込みの場合、勤続年数1年以上が最低ラインになっていることが多いですが新社会人をターゲットにしているカードでは1年未満でもOKです。

審査では他に返済履歴など重要な項目があり、確認のしようがない項目はそこまで大きな影響を与えないという説もあります。

ただ、ここ数年で転職する人も増え、転職したばかりの人が申し込む際にカードが欲しいために盛った情報を書いてしまうこともあります。

その場合、古いアコムマスターカードの利用履歴が出てきたら嘘の情報がすぐにバレてしまうことになます。

最近では、電子チケットの活用など様々な場面で利用する機会の増えたアコムマスターカードですが、必要なもの、用意するものは何があるのでしょうか。

免許証などの本人確認書類はどのカード会社でも必要です。

カード発行会社次第ですがマイナンバーカードのコピーなども本人確認書類として提出が認められます。

他には、利用料金を引き落とすための口座と発行したカードを送ってもらう住所は必要になります。

口座を入力する際などは情報を間違えることがないようにしましょう。

金融機関に登録した銀行印が必要になります。

アコムマスターカードの申し込みについて周りの人に聞くと勤務先に電話で在籍確認がきた人ときていない人がいます。

中には、カードを作る際に勤務先に確認をされたくない人もいると思います。

ただ、電話が絶対かかってこないカード会社というものはなく連絡の可能性が低いカード会社を選ぶしかありません。

連絡の可能性が低いカード会社の特徴として言われているのが、スピード審査をウリにしている会社です。

スピード審査の場合、1日の申し込み数が多くに、人の力だけで全てを確認することができず、機械によるスコア審査を行っていることが多いです。

そのため、電話がかかってくる可能性が少ないと言われています。

買い物をして会計時に現金の持ち合わせがないことがわかったときやネットでの買い物時など利用する場面の増えているクレジットカードですが新社会人の方などはまだ所持していないことがあります。

最近では、ライブなどで電子チケットが採用されることも増え、クレカ払いのみ可能なんていうこともあります。

そんな時に、クレカを持っていない人は諦めてしまうこともありますがカード会社によっては即日発行できます。

イオンカードやアコムなどの消費者金融系のカード会社の場合、その際の手順としてはWEB申し込みをして結果が通知されます。

合格していれば店頭でその日のうちに受け取れます。

ローンやアコムマスターカードを申し込む際に重要なことって何かわかりますか?年収という人もいれば、信用情報という人もいます。

場合によっては職業などの属性をあげる人もいますね。

では、実際にこれらの要素は審査に当たってどんな意味があるのかを確認しましょう。

年収つまり収入は安定した収入があれば利用できる金額や毎月の返済額がどのくらいまでなら大丈夫なのかを見ています。

職業などの部分も安定した収入が見込める正社員か、アルバイトの場合は収入が不安定に見られることがあります。

信用情報は公共料金の支払いなどが問題なく行われているかを見ており、期日を守って支払いが行われるかをチェックしています。

アコムマスターカードをまだ所持していない人の中には雇用形態が契約社員なので申し込んでも審査に落ちると考えている人もいるようです。

契約社員やアルバイトではカードが作れないというカードが発行できないという話の影響も多少ありそうです。

結果から言うとアルバイト待遇でも作ることはできます。

では、アルバイト待遇でカードを作る際の審査で重要なことはなんでしょうか。

それは、申込者が年収に見合ったカードに申し込んでいるか、勤続年数がどのくらいあるのか、信用情報に傷がないかが大切だとされています。

カード会社やカードのコースによって想定している条件があり、例えばゴールドカードの場合は一定以上の年収の方向けや30歳以上など設定されています。

ネットショッピングなどをする際に荷物受け取り時にお金を用意せずに済むアコムマスターカードは非常に便利ですがカード会社に申し込みをして審査に通らないと発行されません。

審査で重要なのは継続して安定した収入が入るのかと信用情報です。

信用情報とはどういったものかというと以前借りていたカードローンなどを滞りなく返していたかなどのデータです。

そのため、ローンや公共料金など支払い期日があるものはきっちり払うことが重要です。

最近、若い人に増えているのが携帯料金の払い忘れです。

払い忘れるだけでなく、お金を下ろしたタイミングが悪くて引き落とし日に入っていなかったということもあるので注意しましょう。