アコムマスターカードの審査の基準は本当に早い?

アコムマスターカードと勤務情報

最近、イベントなどで電子チケットの利用が増加してきており、イベントによってはアコムマスターカード払いのみ対応などほぼ必需品のようになっていると言ってもいいレベルです。

そのため、クレジットカードを申し込んだ際に審査通らないということがないように重要なポイントを確認しましょう。

審査の際に重要なのは継続して安定した収入が入っているかや職業などの属性がどうなのか、信用情報にキズがないかという部分です。

例えば、アルバイトなどの非正規雇用の場合は審査が厳しくなると予想されます。

クレジットヒストリーについては支払い期日ちゃんと守って払われるかを見られています。

よくTVCMなどで見るクレジットカード会社と聞いてみなさんがイメージするのはどの会社ですか?多くの人は楽天カードを挙げるのではないでしょうか。

実際に多くの人が持っていて利用しているカードです。

クレカが欲しいと現在思っている方は審査の難易度はどうなっているの?ということが知りたいところだと思い、実際に調べてみました。

他のカード会社と同じく、審査で重要なのは申し込み時に入力した情報と申込者が以前借りていたローンなどの信用情報です。

勤務先の住所などの情婦をうっかり入力ミスした場合、虚偽申請とみなされ、審査に通らなくなることもあるので気をつけてください。

クレジットカードについて調査していると時折このような話を聞きます。

それは住宅ローンを組んでいてもクレカは作れるの?ということです。

サイトによっては銀行で住宅ローンを借りているからこれから作る信販系のクレカとは関係ないと思っている人もいますが両方とも個人信用情報機関に情報が残るので完全に無関係とは言えません。

住宅ローンを問題なく返済できていれば審査では逆にプラスに判断される場合もあるくらいです。

滞りなくローンの返済ができている状態で審査に落ちた場合は、申込書に書いてある属性などの他の部分を疑ったほうがいいでしょう。

見落としがちな原因は公共料金の払い忘れなどです。

ネットで買い物をするときに便利なクレジットカードですがネット上には審査なしでカードは作れるの?という質問を見かけます。

結論から言うと審査なしでカードは作れません。

基本的には申し込み時に審査は絶対あります。

なぜ審査をするかというとカード会社からすると貸したお金が返済されないということを1番避けたいです。

なので申し込み時に教えられた年収どの情報からいくらまで貸せるか、前に返済が止まっていたことがないかを確認しています。

特に若い人が見落としがちなのが携帯電話料金の未払いです。

そのため、公共料金や携帯料金の支払いに気をつけましょう。

アコムマスターカードをまだ作っていない人の中には雇用形態が契約社員なので申し込んでいないという人もいるようです。

都市伝説的に言われている非正規雇用ではカードが発行できないという話の影響も多少ありそうです。

結果から言うとアルバイトなどの非正規雇用でも作ることはできます。

では、雇用形態が非正規でカードを作る際に重要なことはなんでしょうか。

それは、申し込んでいるカードが年収に見合っているか、勤続年数がどのくらいあるのか、信用情報に問題がないかが重要だとされています。

カード会社やカード種別に想定している条件があり、例えばゴールドカードの場合は一定以上の年収の方で30代以上の方向けと言うように設定されています。

家電などの高額な買い物をするときに皆さんは支払い方法をどうしていますか?現金でしか払わないと決めている人も中にはいると思いますが多くの方はアコムマスターカード払いを利用する方が多いのではないでしょうか。

便利な反面、大学生や社会人になりたての場合は持っていない場合もあるので審査をしてカードを発行しないと当然ですがカード払いはできません。

ここでは、初めてカードを発行するときについて説明します。

申し込みをするには買い物先で申し込む方法や手軽に行えるネットでの申し込みがあります。

申し込み時に年収などを記入する必要があるので事前に確認しておきましょう。

結果がわかる期間は即日というところも多いですが実際にカードが届くまではもう少し時間がかかります。

社会人になった際にできるだけ早く用意したいものとしてアコムマスターカードを挙げる先輩社会人も多いです。

なるべくなら大学生のうちに作って利用しておくべきという人もいるくらいです。

なぜかというと、早いうちから少額でもクレカ決済を利用してクレジットヒストリーが積み上がる利点が大きいからです。

クレジットヒストリーがあるとローンを組む際の審査で有利になります。

逆にカード決済のトラブルが複数回続くと信用情報が悪くなり、ローンなどを組む際にマイナスに作用します。

クレジットヒストリーはクレカの支払いだけでなく水道料金や携帯料金をうっかり払い忘れても信用情報にキズがつきます。

アコムマスターカードは正社員なら通る

最近、ライブなどの場面で電子チケットが普及してきました。

その中にはアコムマスターカード払いのみ可能などクレカを持っているのが当然のようになっていると言っても過言ではないです。

そのため、アコムマスターカードを申し込んだ際に審査通らないということが発生しないように重要なポイントを確認しましょう。

審査の際に重要なのは安定した収入があるかや職業などの申込者の属性がどうなのか、信用情報にキズがないかという部分です。

例えば、正規雇用ではなく非正規雇用の場合は審査が厳しくなると多くの人から言われています。

信用情報については支払い期日があるものをちゃんと払う人なのかを見られています。

アコムマスターカードを申し込んだ時にカード会社側には収入証明を提出していないのにどのように収入情報を見ているのでしょうか。

知っているかもしれませんが、審査の時に確認しているのは収入だけではないんです。

申し込み時に提出された年収情報は、同じ業界、同じ職種で勤続年数が何年くらいだから過去の利用者の中から申込者の働いている業界、職種で勤続年数が何年くらいだから年収もこのくらいだろうというデータがあり、そのデータと比較した時に変な部分がないかを見ています。

そのため、よほどの乖離がなければ本人が申告した年収でスコアリングが行われます。

例えば、家電量販店の30代後半くらいの年収を20代前半でもらっている場合などです。

クレジットカードについて周りの人に話を聞くと勤務先に電話連絡で在籍確認がきた人ときていない人がいます。

中には、カードを作る際に連絡をされたくない人もいると思います。

ただ、絶対に連絡のないカード会社というものはなく可能性が低いカード会社を探すしかありません。

連絡の可能性が低いカード会社の主な特徴としては、最短30分などスピード審査をウリにしている会社です。

スピード審査の場合、1日の申し込み数が多くに、人力でチェックすることができず、機械によるスコア審査を行っていることが多いです。

機械審査のため、電話が来る可能性が少ないと言われています。

家事手伝いと専業主婦、働いていないので収入がないのは同じですが、クレジットカードを作る際に大きな違いがあります。

職業欄に家事手伝いと書いてある場合、ほぼどのカード会社でも審査に落ちると考えていいと言われています。

主婦と書かれている場合は、カード会社によっては審査に通ることがあります。

その理由としてはどちらも収入はないのは同じですが、養ってくれる夫の存在がでかいからです。

夫が正社員として安定した収入があるので返済もできるだろうとカード会社は判断できるためです。

カードを作ってもあまり使わないということもあるため新たに作る場合は年会費無料のカードを利用しましょう。

就職をして社会人になった際にできるだけ早く用意したいものとしてクレジットカードを挙げる人が多いと聞きます。

できることなら大学生のうちに作っておくべきという人もいるくらいです。

なぜかというと、早いうちからクレカ決済を使って返済しておくことでクレジットヒストリーが積み上がるからです。

クレヒスが良いとローンを組む際の審査で有利になります。

逆に作ってはいいもののカード決済の返し忘れが複数回続くとクレヒスが悪くなり、ローンなどを組む際に不利になります。

クレカの支払いだけでなく水道料金などの公共料金や携帯料金の払い忘れもクレヒスに影響がありますここ数年で、電子チケットの利用など様々な場面で利用する機会の多いアコムマスターカードですが、必要なもの、用意するものは何があるのでしょうか。

まず、審査時に必要なのは免許証やパスポートなどの本人確認書類です。

カード会社によってはマイナンバーカードのコピーなども本人確認書類として提出が認められます。

他には、利用料金を引き落とす銀行口座と発行したカードを送ってもらう住所の3点は必要です。

口座を入力する際などは口座手帳などを手元において金融機関に登録した銀行印を押すことが必要になります。

クレジットカードをまだ利用していない人の中には雇用形態が契約社員なので申し込んでも審査に落ちると考えている人もいるようです。

契約社員やアルバイトではカードが作れないというカードが作れないというウワサ話の影響も多少ありそうです。

結果から言うとアルバイトなどでも作ることはできます。

では、非正規雇用でカードを申し込む際に重要なことはなんでしょうか。

それは、年収に見合ったコースに申し込んでいるか、勤続年数がどのくらいあるのか、信用情報に傷がないかが大切だとされています。

カード会社やカードの種類によって想定している顧客層があり、例えばゴールドカードの場合は年収400万円以上の方向けが多いです。